自分の「まち」でフードパントリーを始めたい

あなたも、自分の住んでいる「まち」や「地域」で
フードパントリーを始めてみませんか?

NPO法人埼玉フードパントリーネットワークは、埼玉県福祉部少子政策課や、セカンドハーベスト・ジャパンと連携し、フードパントリーの開設/運営を希望されている方のサポートを行っています。

■始めよう!フードパントリー 子育て応援編

活動をはじめるにあたって、基礎的な知識から、開始までの手順、必ず守っていただきたいことなどを、活動をはじめたいという方向けの内容を掲載した冊子です。

まず、こちらをご一読いただいた上で、お問い合わせフォームより埼玉フードパントリーネットワーク事務局までお問い合わせください。

画像をクリックするとダウンロードが始まります。
startbook

※なお、印刷・製本されたものが必要な場合は、お問い合わせフォームより
埼玉フードパントリーネットワーク事務局にお問い合わせください。

加盟団体への「見学実習」や「アドバイザー派遣」は
「こどもの居場所づくりアドバイザー」制度をご利用ください


埼玉県では子供の居場所づくりを推進するため、実践者や専門家をアドバイザーとして派遣し、立ち上げ期の支援をする「こどもの居場所づくりアドバイザー」事業を行っています。


NPO法人埼玉フードパントリーネットワークは本制度の団体アドバイザーに任命されており、フードパントリーを始めたい方の「実地研修」の受け入れ、「アドバイザー派遣(訪問アドバイス)」に対応しています。

ご希望の方は埼玉県「こどもの居場所づくりアドバイザー」のホームページ内の専用フォームからお申し込みください。(アドバイザー派遣2回、実地研修3回を無料で利用できます)