保管場所の支援

ⓒイラストAC
ⓒイラストAC

お願い
保管場所をお貸しください

埼玉フードパントリーネットワークが支援している、ひとり親世帯などの生活困窮者世帯は3700世帯を超え、現在も増え続けています。

支援世帯数が増え食料などを保管する倉庫が不足しています。
以下のような場所を求めておりますので、ぜひ情報をお寄せください。

保管場所の一例

空家、空き店舗、空き倉庫、工場の一角、体育館や教室、社会福祉施設、お寺、神社、教会、病院など、屋根があって鍵がかかる場所

エリアと条件など

◼︎埼玉県内 圏央道の内側のエリア

◆賃料
 ・無償または相場よりも低廉な賃料設定

◆保管するもの
 ・生活に困窮するひとり親家庭向けの支援物資
 ・賞味期限が比較的長めの常温保存食料品
 ・日用品、雑貨品、衣類など

◆保管品の管理者(場所の借り受け者)
 ・NPO法人埼玉フードパントリーネットワーク

◆占有期間
 ・常時占有または一時占有
  ※一時占有の占有可能期間については御相談

◆保管品が保管中に棄損した場合の責任
 ・NPO法人埼玉フードパントリーネットワークが責任を持ちます

ご支援くださる方は、お問い合わせページのフォームよりご連絡ください。

このような支援を必要としています